才能コーチングは、私自身のストーリーそのもの

才能を活かして、もっと自分らしく生きたい!

才能を発揮して、もっと自分の可能性をひらいてみたい!
才能を活かして、もっと自分らしくビジネスをしたい!

でも、、、自分の才能って何なんだろうか?
そもそも自分に才能なんてあるんだろうか?

このHPをみてくださっている多くの方がそう思っているかもしれません。実は、私もそうでした。日々、ひたすらに忙しく働く中で

ずっと、こんな働き方でいいんだろうか?
これが人生で本当にやりたいことなのだろうか?
自分の可能性はこんなものだろうか?と、感じていました。

それは最初、漠然とした不満でしたが、その内、無視のできない心の声となり、私は、「もっと自分の可能性をみてみたい!」「才能を活かして、もっと自分らしい人生を築きたい!」と、起業を決意しました。

脳科学や心理学などを研究・実践し続けた10年

その後、脳科学や心理学といった人間科学の分野から、コーチング、人生哲学、ビジネスの原則など、古今東西1000冊を超える書籍を読み漁りました。一方で数々の著名な先生方からも直接教えを受け、最高の自分を生きるための人間と人生の仕組みについて、約10年に渡って研究をつづけてきました。

研究してきた内容を実践することで自らの人生も大きく変わりましたが、一方で、コンサルタント、コーチとしても今まで多くの経営者や起業家の方のサポートをさせて頂きました。

辿り着いたのは、「才能」と「学びの全体像」という二つの視点

① 成果と幸せの土台は「才能」

多くのクライアントさんと接する中で気づいたこと、それは、人の「才能」に注目することの大切さでした。その人だけの才能を見つけ、育て、活かせるようにすることで、様々な変化が起こりました。 例えば

  • 悩んでいた人も表情がみるみるが変わって、情熱的に行動できるようになった
  • 気づいてなかった自分の強みを活かして、面白いように成果を出せるようになった
  • 本当の自分を生きているという、幸せ感を得られるようになった 等々

才能を生きることで、「望む成果」と「幸せ感」が両立することが分かりました。

② 学びのプロセスで迷わないための「全体像(=地図)」

もう一つ大切だと感じたことは「全体的に学ぶ」ということです。

今、世間には、様々な学びが溢れていますが、多種多様で一見、互いに矛盾するような内容もあるなど 「自分にとって何がいいのか分からない。」、「学んでも学んでも結果につながらない」 、と混乱して悩んでいる方のご相談を多く頂きます。

以前の私もそうでしたが、ある時気づきました。「全体像が見えてないからだ」と。全体を体系的に把握できていなかったので それぞれのスキルのメリットやデメリットが分からず、 せっかく学んだものもうまく活用することができていませんでした。

学びの地図を手にいれる。

そういう学びの落し穴にハマっている時は、 一体、何が問題なのか、どうしたら今の状態から脱出できるのか分からず、真っ暗闇を手探りで進んでいるような感覚です。

例えば、旅行で地図やガイドブックを手にするのと同じように、才能をひらく学びの旅にも、体系的な知識、学びのガイドブックがあるに越したことはありません。

幅広い研究、幾度ものトライアンドエラーを経て体系化した「才能コーチング」

私自身の思い、そして、今まで研究・実践してきた「自分の才能を活かして生きる智恵」や「ビジネスの成果や人間的な成長をサポートするコーチングの技術」などを統合し「才能コーチング」として体系化しました。

自分や周囲の人の人生を大きく変えてくれたこの智恵や技術を多くの人に知って頂ければと思っています。

3つの特徴

① 自分の最高の可能性をひらき、幸せと豊かさが両立する人生を築くための技術

私たちが考える才能とは、「全ての人が生まれながらに持つ、固有の強み」です。
そして、人は才能を活かすことで

  • 生まれ持った「最高の可能性」をひらくことができる。
  • 自分の強みを活かして、「望む成果や豊かさ」を築くことが出来る。
  • 本来の自分を生きているという、「充実感や幸せ」を感じることができる。

② 才能を「知る、育てる、活かす」という3つの視点を持った「生き方の技術」

自分の才能やタイプを知るというノウハウは様々なものがありますが、才能コーチングの学びは、自分の才能やタイプを知った上で、いかに、育て、活かしていくかというプロセスも重視します。

日常生活から気づきを得ながら、自分を成長させていく「才能を生きる人の生き方の技術」です。

③ 脳科学、心理学、スピリチュアリティ(精神性)など幅広い学びを統合した技術

学ぶ時に大切なことは、できるだけ全体を体系的に学ぶことです。特定の専門分野に偏り過ぎると、視野が狭くなりバランスを崩してしまうこともあります。

バランスが崩れると得られた成果は一時的なものにとどまり、持続しません。どんなスキルにもメリットとデメリットがあることを知り、その時々で自分に合ったものをバランス良くとり入れることが大切だと考えています。

Value – Vision – Mission

才能とは、「人が生まれながらに持つ強みであり、自分の最高の可能性をひらくもの」という定義をしましたが、才能には別の視点もあると考えています。

才能は人を助けるために与えられた能力

それは、才能は「人を助けるために与えられた能力である」ということです。

私たちが生まれながらに授かった最高の能力である才能は、 人のために使ってこそ輝くのではないかと思います。そして、そのように自分の才能を活かして人のために生きることは、私たちの人生の目的にもつながっているのではないでしょうか?

才能コーチング研究所が目指すもの

私たちが目指すのは、誰もが生まれながらに持つ最高の可能性をひらき、その人らしく輝く世界。そして、それぞれがお互いの強みによって、助け合い、つながり合う世界。言うなれば、それぞれの色の光が、カラフルに調和する、多色調和の世界です。

才能コーチング研究所のミッション

そんな世界のために、 誰もが、自分の才能を知り、人の才能に気づくこともでき、自分と他人の強みを活かし合い、助け合い、自分も周囲も幸せにする。

そんな「才能がひらく生き方の智恵と技術」を研究し、 誰もに分かりやすく伝えていくことが才能コーチング研究所のミッションです。

※「才能コーチング®」は当研究所の登録商標です。